2018年04月19日

コンサートへ

先週から2つのコンサートへ行きました八分音符
まずは桐朋の一年先輩チェリスト金木博幸さんの協奏曲3曲ハイドンチェロ協奏曲C-durとD-durと、チャイコフスキーのロココ風の主題による変奏曲

plus  バッハ無伴奏チェロ組曲第五番プレリュードと、カザルス「鳥の歌」

あまりのプログラムでアンコール無し!

チラシを一目見たときから、一晩にこんなに弾くんだ〜てれてれと驚き、出掛けました。
ほんとに素晴らしい演奏でした。

これを弾ききる気力体力、暗譜、技術、さらにそれを自分のものとし、お見事でした。

image253A116196


昨夜は守谷市の箏奏者  中島裕康さんのリサイタルへ

こちらも最初から最後まで、素晴らしい演奏八分音符
立ち振舞いから、音色も、手の動きも洗練されていて、お箏を弾くというより、芸術を見せていただいたような気がしましたきらきら

いろんな奏法も見ることができ、
お箏のイメージをガラリと変えてくださいました。

116506-4c484

こうやってコンサートを聴きに行くと、本当に刺激を受けて、たくさんのことを吸収することができます。

皆さんの頑張っていらっしゃる姿を見て、また自分達も頑張るエネルギーをもらいましたにこにこ

感謝です(*^^*)


mami
posted by KOSMOS at 09:09| Comment(0) | 日記